ポメラニアンとダックス

どっちも魅力的だけど

では小型犬といえば定番と言われているペットの種類が非常に多くなっている。なのでその中のどれかという話をすると長くなっているので、定番どころの犬と犬同士を比較して、ペットとしていくにはどちらが最適なのかという点を考えていきたい。此処から先はかなり独断と偏見に満ち溢れている内容となるので、その点は悪しからずというなところで理解していただきたい。

最初に取り上げたいのは、こちらも小型犬の中でもペットとして定番となっている『ポメラニアン』・『ミニチュア・ダックスフンド』の2種を見てみよう。どちらも飼ってみたいと挙げられる小型犬となっていますが、初心者が飼育するという点で考えると、どちらともが飼いやすいか、それとも飼いにくいかは飼ってみないとわからない。

最終的には飼い主の躾次第で、良い子に育つか悪い子に育つかが左右されるため飼い主が飼い主らしくあれるかが一番のポイントとなっている。そうした点も踏まえて見ていこう。

犬と暮らしてるあなたへ

見比べてみる

ミニチュア・ダックスフンドの場合

まずはミニチュア・ダックスフンドについてだ。こちらも一時期は芸能人がよく飼育しているとしても定番に上げられ、人気を博して飼い始めた人も多い犬種となっています。しかしその性格と起源はとても勇猛果敢な犬ということを忘れてはいけない。ダックスフンドはかつて狩猟犬として利用されていたのだ。驚く人もいると思うが、犬というのは大半が人間との生活上において狩猟が出来るか否かが一番大きなポイントだ。これでもし、狩猟の出来ない犬だった場合それは言わなくても分かる結末が待っている。今でこそ愛玩動物となっているが、性格が実はかなり活発だと言う点を理解していなければならない。

ただ現在ではダックスフンドに抱いている印象として、飼い主に従順で明朗な印象を持っていると感じている人もいるはず。それこそ現代だからこそといえる、ただそうなるためにはやっぱり飼い主の努力が必要になってくる。だからこそペットとして人気を獲得することになったわけだが、生来の狩りをするという本能を重点的に考えると、実は室内犬の中でも『番犬』として活躍が期待できるという側面も持っている。小型なのに大丈夫なのかと疑う人もいるかもしれませんが、中・大型犬の穏やかな性格をしている犬よりも実に役立つ。ただ番犬という面が強いため、集合住宅などに住むと騒音問題に発展しかねないため、鳴き声問題を何とかする事を考える必要がある。

ポメラニアンの場合

次にポメラニアンを考察してみる。こちらも愛玩ペットとして定番的な人気を獲得している犬となっている、その理由に上げられるのは明朗で素直な性格が鍵となっている。家族と認めた人に対してなら非常にサービス精神旺盛な犬としても有名で、また機微な変化にもすぐに気づくことの出来る賢さも備え持っている。ただいくら賢いからといって、飼い主として付かず離れずといった態度を見せてしまうと、本来ポメラニアンが持ち合わせる良さが無くなってしまう可能性も無きにしもあらずとなっているため、その点は注意したい。

愛情豊かな子に育てられれば主従関係にしても、信頼関係も問題なく構築することが出来る。1つ欠点としてあげるなら、非常に興奮しやすいということだろう。僅かな変化にも鋭く気づくため、何かしら屋内に異常を感じた場合には遠吠えをあげる傾向が強い。そのため、鳴き声を抑制するような訓練をしっかりしていないと、先のダックスフンドのように隣人トラブルへと発展してしまう。特に音に関する苦情問題は怨恨を生みやすいため、最悪飼い犬に対して嫌がらせを行うということもあり得る。

共通事項として

またこちらは共通事項となっているが、両者とも小型だからといって毎日の運動が必要なのは言うまでもない。散歩が必要なのは当然として、定期的に運動させることもまた飼い主の義務だ。ただ大型犬に比べたら、歩く距離はそこまで長くないため歩かせすぎないことも必要だ。屋外への散歩が出来ない場合では室内で遊んであげることでストレス発散を兼ねて、タップリと遊んであげる。どうしても室内犬は運動不足になりがちなので、注意しないと肥満体験になりやすくなってしまうので、要注意。

ペットといえば

上司となる人により、秘書一人一人のスケージュールは全く異なります。 ですが大半の秘書 1日の流れは書類整理や電話応対などの膨大なルーチンワークとなっております。 どんな仕事でもしっかりコツコツ出来る、そんな方にオススメの仕事です。

他にも

ミニチュア・ダックスフンドとポメラニアンの両犬種とも、実に魅力的です。魅力的だからこそ、実は気をつけなくてはならないことが沢山ある。いくら可愛いからといって過保護になってしまうと、それが逆に犬へのストレスとなってしまうことも念頭に入れなくてはならない。たまに見かけるが、飼い犬をベビーカーで運んで散歩している人を見かけることがある。あれはどっちが散歩の主導権を握っているのだろうと疑問に思うことがある。

可愛いとはいっても、犬であることは最低限忘れてはならない。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!:: 留袖レンタル・モーニングレンタルサービスを行っています。着物レンタル・留袖レンタル・モーニングレンタル|京の夢小路身内の結婚式の定番衣装モーニングも多数取り揃えております。