実は初心者向けの中型犬

中型犬だったら、どれがオススメか

小型犬の場合、その本質を知らないがために失敗する人もいるかもしれない。鳴き声という面でも苦情となって近隣トラブルに発展してしまうと、そこでの生活が困難となる可能性もある。そうした時には引っ越しも考えなくてはならないが、ペット可能物件だった際にはそうしたリスクは少ないように見えるも、音の問題にナーバスな人もいるため、解決できない場合もある。

では小型犬ではない、それよりも大きな犬だった場合ならどうかを考えてみる、なので順番的な意味合いで次に『中型犬』をピックアップしてみよう。中型犬といえば色々いますが、一番最初に思いつくのは何と言っても日本人なら一度は飼ってみたいと思った人も多い『柴犬』についてだ。先程から話しているが、獰猛というのは本来小型犬の専売特許となっている。もちろん大型犬にも拍車をかけたような攻撃性の高い犬も存在していますが、それは本当にシャレにならない攻撃力を有しているので飼育という意味では少し無理があるかも知れない。

中型犬だからといって、特別穏やかでもない子もたくさんいますが、何度も同じことを繰り返しているが、飼い主がしっかりしているか否かでその子の性格は左右されます。そうした点も鑑みて、中型犬の中でも定番となっている柴犬がファーストドッグに適しているかどうかを考えてみる。

犬と暮らしてるあなたへ

柴犬の本質として

御存知の通り、柴犬は日本でも最古の犬として知られている存在だ。だからといって何かが変わるというわけではないが、柴犬の愛らしさに虜となって飼いたいという人は実に多い。知人にもいつかは絶対に柴犬を飼って、可愛い奥さんと1人の子供で一軒家で優雅に暮らすんだという、そんな妄想話まで語ってくれたものだ。後半についてはどうでもいいとして、柴犬を飼ってみたいとは確かに思った。

そんな柴犬だが、愛玩ペットとしては見ればその飼いやすさは中型犬の中ではかなり適していると言ってもいい。初心者にも適していると言える柴犬もまた、知能という意味では高く、従順で素直な性格をしているのも良点だ。

特に犬を初めて飼う人の場合、犬とのコミュニケーションが上手く取れないという悩みを抱える人もいるかもしれない。柴犬の場合、日本的な飼育環境においても特別何かをきちんと整えなくてはならない外来種とは違って、日本の風土そのものに適した特性も大きい。現存している犬の数、その中でも現在日本で飼育することのできる中には、外から来た種も沢山いる。そうした犬達にすれば日本の環境が合わないことも多々ある。柴犬であれば環境への対応もきちんと行えるため、初心者向けとなっている。

気をつけたいことは

そんな柴犬を飼育する上で一番気をつけなければならないのは、散歩時間のことだ。小型犬の場合、大きさなどから長時間する必要はないが、中型犬以上ともなると長時間の散歩が必須となる。それは柴犬も例外ではなく、一日の運動量は散歩はもちろん、引き運動なども定期的に行ってストレス発散・運動不足解消を促さなければならない。散歩は犬にとって必要なものだが、必ずしも散歩させなければならないというものでもない。特にここ数年の日本は気候がかつて、というより歴史から見ても安定しない傾向となっている。

それこそ夏場は鬼のようにうだるような暑さの中で散歩を無理やりさせることは、犬は大変嫌がる。何せアスファルトが鉄板のように熱せられているため、焼き肉ないし肉球焼きが出来上がるような拷問を経験させられるのだ。散歩も大事だが、愛犬のことを考えると昼間ではなく夕方以降の散歩をするように心がけるのも大事だ。

ペットといえば

柴犬の魅力に当てられて

描いているだけでも柴犬を飼いたくなるという気持ちに苛まれてくる。飼いやすいというのもあるが、あとはブラッシングについては短毛種となっているため、過度に毛並の手入れをしなければならないというものではない。毎日固めのブラシでブラッシングをしてあげれば、それだけで艶やかな見た目が維持できるので、メンテンナンスの楽さも利点となっている。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!:: 検索順位が大幅に下がってアクセス数が激減!もしかしてペナルティかも?そう不安になったら株式会社そらいろ - 心地よい仕事と満足の結果にぜひご相談ください。成果報酬型のペナルティ解除サービスがございます。