チワワかパピヨンだったら

見た目に騙されてはいけない

小型犬は常々番犬には向かないと言われていますが、実は中・大型犬よりも番犬に適しているというのが通常の考え方となっている。大きいからといって大型犬を飼って番犬としての働きを期待する人もいるかもしれないが、それは間違いだったりする。大型犬の中には個体差にもよるが、性格次第で人間に対して非常に友好的だったりする。そうなると実はそういった大型犬よりかは、小型犬を飼えば屋内の番犬としてのシステムに期待できる。もちろん攻撃されればその被害を受けることにもなりかねないため、番犬としての役割を持たせたい場合にはコミュニティ外の人間、つまり家族以外の人間が屋内に侵入したら攻撃的な面を鍛えるというのも1つの術だ。ただ攻撃性を育てるとなったら、既に主従関係が逆転してしまっている感が出ているため、下手にそういう側面を意図的に鍛えるというのは、避けたほうがいいだろう。

見出しにも記したが、見た目に騙されてはいけないとはまさにそんな小型犬だ。彼らのその起源はとても勇敢な犬として描かれており、今でこそ獰猛性で言えば大型犬の方が高いと認識している人も多いかもしれない、愛玩ペットとして見られ続けたがための弊害とも言えるだろう。そういう意味では、『チワワ』・『パピヨン』というこちらも小型犬の中では人気な犬種も、その本性はかなりクセモノとなっている。ではこちらの二匹をペットして見た場合にどちらが初心者向きか、考えてみる。

犬と暮らしてるあなたへ

見比べてみる

チワワの場合

チワワはこの世界に現存している犬の中で一番小さい犬として有名だ。世界中で広く飼育されており、日本でもかつてメディアで放送されていた貸金業者のCMから、爆発的な人気ペットとしてその名を広げることとなる。そんなチワワだが、見た目はその小柄さから思わず飼い主が守ってあげなくては1人で生きていけない程、か弱く見える。時折身体をフルフルと震わせている姿が母性本能をくすぐり、まるで本当の母親のようにその子の為を思って、何でもかんでも甘やかしてしまっている人もいるだろう。

ですがそうした過保護性はとても危険なものだ。犬の知能は個体差にもより、また性格などにも左右されるもののチワワという個体ではその知能は低い方ではない。むしろ高く、また非常にヒステリックな側面を持ち合わせているのだ。チワワは非常に縄張り意識が強い犬でもあり、自分の縄張りにもしも見知らぬ他人が侵入してくるものなら、攻撃する意思を見せてくる。見た目が小さいから脅威ではないと考えている人もいるかもしれないが、それはとても甘い。いくら小さいからといって牙で噛み付かれれば、ただで済むわけがない。人間の牙よりも鋭利で固く尖ったものが突き立てられれば、小指くらいなら簡単に引きちぎってしまうだろう。

ただ飼い主の前では非常に好奇心旺盛な犬でもあり、忠実な姿勢と飼い主に対して愛情を示すところなどが現在飼育している人達の心を鷲掴みにしている。躾という面で考えると、それほど難しくはないものの基本的にすることは変わらない

パピヨンの場合

次にパピヨンについてだ。某歌手がかなり昔に出した音楽ではなく、某アニメ作品に登場する全身タイツの成人男性でもなく、野球選手なのにどうして素顔を隠しているんだと突っ込みたくなる某アプリゲームのレアキャラ、でもない。犬のパピヨンについてだが、この犬はかつてヨーロッパがまだ貴族制度を重視していた時代において、貴婦人たちが飼育していた歴史を持っている。そこから非常に高貴な犬のようにみえるかもしれない、もしかしたら非常に気高い存在のように振舞っているのかどうか、なんて考える人もいるかもしれないが、気をつけたいのはそういうことではない。

パピヨンという犬、実は非常に知能が高く、プードルについで小型犬の中では2番目に高いというのだ。チワワと同じく、見た目からは想像も出来ないかもしれないが、パピヨンは専門家に言わせれば小悪魔だから注意してくださいと喚起している。賢ければ躾が楽だと感じる部分もあるかも知れないが、逆に言えば悪知恵が働くため、飼い主が見ていないところで何かしらの悪戯を行っていることもある。そうした行動を防ぐためにも飼い主がしっかりしなければならないのだが、その場で叱らないと犬は駄目だと理解できないので、即時対応しなければ意味を成さない。

ペットといえば

だからこそ見た目に騙されてはいけないのです

チワワとパピヨン、この2種に共通しているのは見た目がいくら可愛いからといって、その本性を見誤ってはいけないと言う点だ。特にパピヨンの場合、最悪躾をしても自分が群れの主だと認識していた場合には、問題を抱えた成犬として成長する可能性も否定出来ない。またパピヨンの能力として1つ厄介なのは、彼らには人間の『リーダーとしての資質を見抜ける』という能力を持っている。優柔不断な態度だったり、甘やかして育ててるだけの飼い主だったらパピヨン自身が家の中で一番偉いと誤解を招く可能性もある。

小型犬は生来の獰猛さもそうだが、また体躯の小ささゆえに培った高い知能によって人以上に環境への柔軟性が高いことも懸念事項して、ファーストドッグにするかどうかを検討する必要があります。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!:: 病院の顔となるような医療事務スタッフになりたいなら医療事務 専門学校が近道ですよ!