これから生活していく上で大切なこと

本番は飼い始めてから

心構えが出来て、きちんと生涯共に暮らし続けること、また飼い主として責任を果たして犬を守るために群れの主として振る舞えるかどうか、という点をきちんと理解した上で話を進めていく。ここまでの覚悟は持とうと思えば誰でも持てるだろう、そして憧れのペットとの同居暮らしが待っていると思っている人もいるかもしれない、しかしここからが本当の意味での正念場となっている。

テレビでも、新聞でも、チラシ広告でも、ネットでも何でもいいが、何処かしらで『ペット保険』という言葉を聞いたことはないだろうか。その名の通り、人間の保険と同じくペットたちが病気になって病院にかかる際、いくらか補償が下りるものだ。そんなものまであるのかと考える人もいるだろう、この保険は実を言うと飼い始めてからすぐにでも加入しておくべきなのです。単純に料金の問題で、若い子であればあるほど、初期費用や毎月の引き落とし金額が少ないという利点ももちろん関係している。中には年齢制限、もしくは犬種や大きさによって保険への加入が制限されている物もあるため、そのへんのところはきちんと調べる必要がある。

どうして保険に加入しなければならないのか、疑問に思うはず。飼い主本人だって加入していない保険、ペットも加入が勧められている理由としては犬達が病気になった時に必要となる医療費という、物凄く現実的な問題が噴出するからだ。

犬と暮らしてるあなたへ

ペーパーバッグを作るならやっぱり専門店!紙袋 紙袋工房では、さまざまな用途でご使用できる紙袋・手提げ袋の制作承ります。月間販売数20万個突破の実績を誇る安心の紙袋工房をどうぞこの機会にご利用ください。
最新コーデの提案や、おすすめコーデをお得なセットでご用意!ドレスレンタルのCORTINAでは実店舗での試着が出来ますドレス レンタルで済ませたい方はぜひ当店をご利用下さい。ご不明点等ございましたらお気軽にご相談ください。

人間と同じく、治療費は高額

人間である我々も病気はするもの、体調不良になったら必ず病院に訪れる人と思う。その時、当然のように保険証を提示して事故負担額だけを支払っていると思うが、これが全額事故負担となると普段払っているものの数十倍以上の額となる。保険が有るからこそいつでも病院を訪れることは出来るが、なかった場合には治療に要した医療費は全額支払わなければならない。

同じことがペットたちも言えるのです、犬だろうと猫だろうと病院にかかって必要な処置として手術を行うこともあるはず。いくら掛かったかと、請求書の値段を見て腰を抜かす人もいるだろうが、紛れも無い現実だ。今回は犬に関して焦点を絞って話をしているが、特にファーストドッグを飼い始める人たちこそ動物たちの医療費について考えなくてはならない。特に主要な病気ともなると、その治療費は桁違いだ。一例として挙げると、

病名 治療費
白内障 10万円
異物誤飲 10万円~
骨折 15万円~
椎間板ヘルニア 20万円~
胃がん 40万円~

上記の表を見てもらえれば分かると思うが、とてつもなく高額な請求を受けることになってしまう。この料金をその場で一括で支払えと言われても、経済的に余裕があるかどうかでその犬の生涯が左右される。冗談抜きで、この治療費を支払うことが出来ないという人は実際に存在している。また動物病院を訪れてみても、現金払いをしている人もいれば、中にはクレジットカードで決済している人も見かける。

こうした点を考えると、事前にペットの為を思って保険に加入しておくべきなのです。これもまた、飼い主にとって必要なこととなっている。

いつでも加入できるわけではない

ただし注意点がある、上記のような病気、もしくは慢性的に発症しがちな病気を既に患ってしまっている、もしくはしたことがあるという犬だった場合には保険には加入できない。だからこそ幼い時であればあるほど、保険への加入が必須となっている。最近ではペットの保険も増えてきているので、種類はここでは取り上げないが一度見比べてみるといいだろう。その際、どうせなら飼い主自身が保険に加入することも検討するといいかもしれない。

犬にしても飼い主にしても、いつまでも健康体でいられるわけではない事を考えると、備えあれば憂いなしといったものだ。

ペットといえば

その他にも

治療費についてもそうだが、動物を飼育するとなったらそれに伴って必要な金額も支出していくものだ。餌についてもそうだが、その他にも犬専用のトイレを用意したり、専用のベッドを購入してあげたり、また毛並みを整えるためにブラシやハサミといった身だしなみに必要な道具も一通り用意しなくてはならない。犬にとって毛並みは大事なものだ、見た目という意味でも綺麗にしてあげたいと思っているなら、ブラッシングは毎日欠かせない。特に長毛種ともなると定期的に整えてあげないと駄目なので、忘れないようにしたい。どうしてもという時はペットトリマーに依頼することもありだが、当然見合った料金を支払わなくてはならない。

このように、犬1頭飼うだけで色々購入しなければならない、病気をした際に治療費を支払う、といったことまで含めると一生涯に対しておよそ『300万円』は掛かると見込まれている。人間一人に比べれば安いものだが、それでも現実的に考えても安いとはお世辞にも言えない。動物の飼育というものはこうしたところにまで必要経費として支払えるかどうかも考える、ファーストドッグの人は飼い始めた後、将来的に支払うお金についても理解しておかないとダメだ。

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

おうちにおいで :::ファーストドッグの選び方:::

犬派必見!:: あなたが一緒に住みたいペットは?うさぎ?いぬ?ねこ?ハムスター?!伊勢崎 賃貸があなたのワガママ受け止めます!ご相談ください。